アンチエイジングで年齢肌ケアをしてみた!
  • HOME >
  • ニキビを搾り出すと、膿が中から出てきます。

ニキビを搾り出すと、膿が中から出てきます。

ニキビを搾り出すと、膿が中から出てきます。


もっと潰すと今度は芯が出ます。

これがニキビの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)となっているものですが、潰して芯を出してしまうことは決してお勧めはできません。



無理矢理に潰すことになるのですから、さらに炎症は広がります。ニキビ跡として残ることもありえますので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。



顔を洗うときに熱湯で洗うと落としてはいけない皮脂も落ちますし、洗えてない部分があると乾燥肌やニキビといった肌の悩みの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)を生み出してしまうので意識しておくことが大切です。



洗顔したら、急いでたっぷりの化粧水を丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにしてちょうだい。

より乾燥が気になる目持と口元は、少々他よりたっぷりと塗るようにします。



つるっとしたきれいな肌を保つには保湿することがかなり大事になります。水分の足りない肌の方は化粧水や乳液などはきちんと保湿してくれるものを選んで肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。顔を洗って汚れがしっかり落ちたら間隔をあけずに化粧水で水分を与えて、それから乳液やクリームをつけて潤いがつづくようにしましょう。



あとピーを治したい人は、敏感肌用の天然成分のみを配合しているようなスキンケア化粧品を使用するといいでしょう。元々、あとピーは塩水によって治すことが可能であるという説もあり、風呂桶に塩を入れたり、夏は海で海水浴を行い続けると症状が改善するとされています。しかし、実際のところ、症状がひどい箇所にはかいた傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのが欠点です。


私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢とともに悪化しています。正面から自分の顔を見ると、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになりました。


この毛穴を塞いでしまいたい、小さくしたいと思い、日々のスキンケアに気合が入っています。
洗顔の後で冷えた収斂化粧水で、パッティングをしていますが、少し引き締まっているように思います。ニキビがおでこにできると、どうしたって前髪で隠そうとしてしまいます。ですが、その様な行為は悪化してしまう行為ともなるので、出来れば前髪で隠さずに髪がニキビに触れることがないようにできるだけ刺激を与えないことが大事です。色々試してもニキビが治らない際は、これまでのケアの仕方を変えて、どうしてニキビが繰り返されるのかというわけを知った上でのケアが必要不可欠になります。

なぜニキビが繰り返されるかというと、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、化粧品が肌に合っておらず、それが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)となって毛穴が詰まってしまっているなど、原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)は一概には言うことができません。
何がニキビの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になっているのかを見極めて、根本的な治療を行っていきましょう。



お肌のシミ防止には体の内部からの手入れも大事です。その美白効果の高さで知られるビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すればいいというものでもありません)Cは、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどが多く保有しています。一方、乾燥で肌がカサカサになってくるとシミの危険度がアップしますから、積極的にコラーゲンたっぷりの、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べると、お肌がプルプルになります。また、食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)においては、シミのことだけを考えるのではなく、バランスのとれた栄養摂取も重要です。
乾燥肌の人には保湿することが重要です。乾燥肌に対する保湿は体の外からも内からもしてちょうだい。
具体的に体の外からというのは、肌に直接水分補給をして、保湿をしてあげると言う事です。顔を洗う際には刺激の弱い洗顔料を使用するか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く表面に付いた汚れを落とすことが重要です軽く顔を洗った後には、すぐに保湿することを忘れないでちょうだい。肌荒れの際に化粧するのは、少し考えますよね。


化粧品の注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)事項にも肌に異変を感じるときは、使用中止と言われていますし。

とはいったものの、紫外線対策だけは絶対にしておきましょう。化粧下地やパウダーなどを軽く付けておいた方が良いです。


後、できるだけ紫外線を避ける生活を送るべきでしょう。

関連記事はコチラ

メニュー